[日本語] [English] みくろんμ
↑「世界を1ミリでも幸せにする☆プロジェクト♪」題字:たむっち作

かつどうほうこく☆かみしばい♪

8月27日晴れ☆


今日は紙芝居をやりました。
スナフキンは7月10日から旅(たび)に行っていました。
その旅でスナフキンがフィリピンでやってきたことを、日本の子ども達(たち)に紙芝居で伝えようと思ったのでした。


米原小学校の学童保育(がくどうほいく)の子ども達は真剣(しんけん)にスナフキンの話を聞いてくれました☆


日本の大人の中には、世界のことを知(し)ろうとしない人も多いです。
スナフキンは、いろんな国で「行って見てきたこと」を伝えました。
「実際に外国に行けるんだよ」ってことを伝えて、世界に目を向(む)けて欲(ほ)しいなと思ったのです。



スナフキンは今回の旅で行った国のコインをみんなにあげました。
「コインをもらった国のことを調(しら)べてみて。」と呼(よ)びかけました。



スナフキンの呼びかけで、子ども達は地球儀(ちきゅうぎ)を見て、どこにその国があるのかを探(さが)してくれました。


いつかこの子ども達の中から、「国際的(こくさいてき)な仕事をする子」や「世界を1ミリでも幸せにしよー☆」・・・なんて思う子がでてきたらいいなぁ☆
スナフキンは思いました。

→この日の写真を見る☆

大波、小船☆で歌、歌う♪

8月7日晴れ☆

今日はインドネシアはジャカルタの政府観光局(せいふかんこうきょく)へ行きました。
インドネシアの二人っ子政策(せいさく)について知る為(ため)です。


思ったよりもドデカイ建物で、スナフキンは「インドネシアも都会だなぁ」と、ちょっとビックリしました。


スナフキンは政府観光局で、「スーパーマリオみたいなヒゲ」の気さくなおじさんや、


そこで勉強している学生と友達になり、インドネシアの「いいところ」「悪いところ」「二人っ子政策」などについて教えてもらいました。(別途記載予定)
そこには「日本が好き」って人がたくさんいました。

その後、スナフキンは安宿(やすやど)通り「ジャランジャクサ」を歩き、レゲエなお店を見つけました。
中に入ると、思ったとおりギターがあり陽気(ようき)な音楽が流れていました☆

スナフキンはさっそく歌を歌ったりして、そこの人と仲良(なかよ)しになりました☆


「今日は海が見たいんや。」なんて話をしていると、みんなで見に行こう☆ということになり、みんなでバイクで浜辺へ向かいました。

すっごい大きな波のところへ、すっごい小さな船で行って、水を「バッシャーン」とかぶったりしながら、歌を歌ったりして楽しみました♪
観光客向けの船なら100$(約12000円)くらいします。
スナフキンは、地元価格(じもとかかく)で3000ルピア(約400円)を払っただけですみました。


その後、ラーメンみたいな料理、「パンシット」をおごってもらい、ジャランジャクサへ戻りました。

そこでみんなでお酒を飲みながら歌を歌いました。どんどん人が増えていきました☆


ヨーロッパから来た女の人も途中から参加して、なんだか酔(よ)っ払(ぱら)ってわけのわからないことを言っていました。
「ヨーロッパの女の人もやっぱり酔っ払うとへんてこだなぁ。」スナフキンは思いました。
スナフキンは友達といろんな話をしたりしながら、夜遅(おそ)くまで歌を歌ったり話をしたりして楽しく過(す)ごしました♪

(↑画面、暗いけど歌ってる動画)

ギターも歌もそんなにうまくないけれど、こんな時には「音楽をやっててよかったなぁ」って思うスナフキンでした☆

→この日のアルバムを見る☆

ボロブドゥール☆でいせきみる♪



8月5日晴れ☆

今日はボロブドゥール遺跡を見に行きました☆

これまた世界遺産に登録されている、世界でも有数の仏教遺跡です。
ジョグジャの近くにはプランバナンとボロブドゥールという2つの大きな遺跡があります。

昨日、スナフキンがプランバナンを先に見に行ったのは、「ボロブドゥールの方が有名」だからなのでした。


先に有名で大きなほうを見てしまうと、次の日に同じくらいすごい遺跡を見ても、少ししょぼく感じてしまうからです。

ボロブドゥール行きのバスに乗ったけれど、止まった場所が遠かったので、スナフキンはなんだかたくさん歩きました。

なんとか、まともなバス停を探し、ボロブドゥールへたどりつきました☆
ボロブドゥールはとんでもなく大きくてカッコよかったです☆

たくさんのたくさんの物語が壁面に描かれていました。
そんで空がとっても青くてきれいでした。

夜スナフキンは久々にレストランへ行きました。
そんで珍しく「地元の料理じゃない料理」|→「洋食」を食べてまったりしたのでした。

8月4日晴れ☆

今日は朝少し早くに起きて、プランバナン寺院を見にいきました。

世界遺産に登録されている、でっかいヒンドゥー教のお寺です。

そこらで行き方を教えてもらったスナフキン。
ローカルバスに乗ってプランバナンへ行きました。

プランバナン寺院は大きな公園の中にあります。

スナフキンが公園の方へ歩いていくと、大きな「それらしい」建物が見えてきて、スナフキンは大興奮でし
た☆

近くまで近づいてみると、工事中とかで中まで見れなかったのは残念だったけれど、なかなかおもしろい遺産を見れました。


夜はラーマーヤナというのを見に行きました。
ジョグジャで特に有名な伝統芸能のひとつです。
インドの抒情詩「ラーマーヤナ」をテーマに踊りをくりひろげます。
繰り広げてくれるのですが、やっぱりちょっとわからなくて、途中寝てしまったりしたのでした。

見る前に「ラーマーヤナ」の「物語」を知っておけばよかったなぁ。
スナフキンは思い、日本に帰ったら本を読んでみることにしました。

今日も遺跡を歩きまくったので、疲れて早く寝てしまったのでした。

8月3日晴れ☆


朝6時くらいにジョグジャカルタに着きました。
昨日はずっと乗り物に乗っていて、寝たのも乗り物の中だったので、
2日くらいたった気がしました。

朝早かったので、そこらへんで体操をしている人がたくさんいました。
インドネシアの人はけっこう健康に気をつかっているようです。

しばらくホテルで寝て、ジョグジャを見物しました。
しばらくマレーシアにいて、「都会の風景」の中にいたので、ジョグジャは街並みがすごくおもしろかったです。

へんてこな細道をいくつも通って、そのたびなんか新しいものを見つけたりして、スナフキンは楽しみました。

夜になると、街へ歌を歌いにいきました☆
みんなそこらへんで歌ってたりして、けっこう自由なようです。

ただ、「一箇所で歌う」日本式ではなくて、「一箇所で一曲歌ってはどっかへ行く」のがインドネシア式のようです。

スナフキンも一曲歌っては移動する方式をとってみました☆
そのうちそこらでたむろしていた若者たちと一緒に歌ったり踊ったりなんだかむちゃくちゃになりました。

結局本日のかせぎは、2400ルピー。(およそ30円くらい)でした。

お金も「箱に入れにきてくれる」のではなくて、「歌った人がみんなにもらいに行く」スタイルがインドネシア式です。
それも試してみたらよかったかな?
でも自分のスタイルとはずいぶんかけ離れているなぁ・・・スナフキンは思いました。

そのあと、地元の人がいろんな楽器を持ち寄って歌ったり踊ったりしているのを見ました。
結構町中でギターを弾いている人をみかける、スナフキンの結構好きな自由な雰囲気の街でした。


スナフキンは歌って疲れて早めに眠りについたのでした。

8月2日晴れ☆

今日は移動の日です。
たくさんの乗り物に乗って、インドネシアをめざします。

インドネシアは、今「二人っ子政策」っていうのをやっています。
「人が増えすぎないように」子どもは二人まで。という法律です。

でもいなかでは、子どもも労働力だから、二人っこ政策はあまりすすんでないようです。

フィリピンのいなかでは、子どもたちがたくさんで元気です。
でも子どもが多すぎて、貧乏だったり、人が増えすぎたりが問題です。

日本も昔同じように子どもが多すぎたときに、「子どもを減らす」政策をしました。

今日本では子どもが減りすぎて、困っています。
子どもも少ないので、なんだか昔ほど、日本じたいが、「元気がなくなった」気がします。

インドネシアは文化の進み具合が、日本とフィリピンの中間的な感じです。
TVでやっているように、「子どもたちが過酷な労働をさせられて困っているのか?」もしくは「フィリピンみたいに楽しくお手伝いをしているのか?」見てみたいと思ったのです。

本当に今日はのりものづくしでした。
夜寝る場所も、夜行電車の中でした。

一日がとても長く感じた日でした。

8月1日晴れ☆

スナフキンはこの日は、チョーキットというところへ行きました。そこに「地元の人たちでにぎわうマーケットがある。」からです。

チョーキットをプラプラ眺めていると、遠くの方に、マレーシアで一番高いタワー、「KLCC」が見えました。

なんだかふと見上げると、「ここまでおいで」と言っているようです。
少し遠そうだけど、スナフキンはそこまで歩いていってみることにしました。

たどりつくまでに、「有名ではない地元の人の暮らし」が見れる気がしたからです。
途中「高速道路」があって、壁だらけでした。

すっごい遠回りをしたけれど、スナフキンはなんとかKLCCまでたどりつきました。
民家の前をたくさん通り、「けっこーきれいな車」にみんな乗っていることに気づきました。

マレーシアのクアラルンプールに住む人たちはずいぶん裕福な人が多いようです。

KLCCにたどりついたスナフキン。
人がたくさんいたので、「歌ってやろー♪」とすると、怒られました。

残念に思いながら、自分の泊まっているホテルの近くまで戻りました。
チャイナタウンへ行って歌おうとすると、また怒られました。

どうやら、マレーシアはけっこーそういうことにかんして、案外厳しい国のようです。
そして歌うのをたくさんとめられたので、今日の絵日記には色を塗らなかったのでした。